世界一周旅行デスク
オリジナルのツアーを簡単に作成。自分だけの特別な海外渡航を提供いたします

H.I.S.ホームページ

WORLD JOURNEY WORLD JOURNEY

窪咲子の紀行 ライターの仕事をしながら、1年8ヵ月で50ヵ国を巡る世界一周の旅へ。帰国後は講演やラジオ・TV出演など出演多数。著書に『「世界イケメンハンター」窪咲子 のGIRL'S TRAVEL』(ダイヤモンド社刊) 窪咲子の紀行 ライターの仕事をしながら、1年8ヵ月で50ヵ国を巡る世界一周の旅へ。帰国後は講演やラジオ・TV出演など出演多数。著書に『「世界イケメンハンター」窪咲子 のGIRL'S TRAVEL』(ダイヤモンド社刊)

KUBO sakiko Traveler's DIARY KUBO sakiko Traveler's DIARY

おとぎ話のようなクロアチア・ドブロブニククロアチア

美しい鏡張りには天気など様々な条件があるウユニ

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINEで送る

08.10

2回目 旅の必需品

旅先で重宝したもの、必要なかったもの

世界一周の旅に出ることを勢いよく決めたものの、まわりに世界一周経験者はおらず、何を持って行けばいいのか、どんなバッグが良いのかとずいぶん頭を抱えました。心配性の私はインターネットで調べては、あれもこれもバックパックに詰め込んで出発。家から空港まで行く途中に重いバックパックに何度弱音を吐いたことかわかりません。そんな私の失敗談から、旅先で重宝したものまでご紹介します。

砂漠ではカメラの故障トラブルも多いモロッコ

女性にはバックパックよりもキャリーバッグがおすすめ

“バックパッカー”に憧れて40リットルのバックパックを背負い出発したのですが、15キロ前後のバックパックを背負い、旅をするのは至難の業でした。ひどい肩こり&腰痛に悩まされて半年、「もう限界だ」とバックパックを捨て、キャスター付きでリュックにもなる2WAYタイプのキャリーバックに変更。すると、どんなに荷物が重くても移動が苦ではなくなったんです。壊れたらどうしようという心配をよそに、ヨーロッパの石畳もアフリカの砂の大地も楽々。最初からキャリーバックにすればよかったと心底思ったのでした。

ヨーロッパの石畳もドイツ

寒さ対策の折り畳みダウンジャケット

1年以上の長旅になるため、夏服も冬服もバックパックに詰め込んだのですが、旅先には安くてかわいい服がいっぱい。かさ張った冬服やアウトドア用品も古着屋さんで安く売られていたのを見て、必要になった時に買えばよかった…と後悔しました。 そんな中、とくに重宝したのはユニクロのダウンジャケット。折りたたむとペットボトルほどのサイズになり、飛行機の中ではまくらとしても活躍。バスのクーラーが効きすぎていることが多く、極寒の車内で何度このダウンジャケットに救われたことかわかりません。

防寒具などかさ張る物は現地で買うのがオススメアメリカ

スリッパ代わりに使えるビーチサンダル

日本ではホテルに泊まると必ず用意されているスリッパですが、海外のホテルやゲストハウスでは一度も見たことがありません。そんなときに役立つのがビーチサンダル。スリッパ代わりにも使えるし、ゲストハウスのシャワーの床が汚れているときにもそのまま履いて入ったり、あらゆる場所で重宝しました。 逆に必要なかったのは、トレッキングシューズ。旅人=トレッキングシューズというイメージを持っていましたが、重いし、山も登らないし、街を歩くだけならスニーカーで充分。早々に日本に送り返しました。

お土産にもなるハワイアナスのビーチサンダルブラジル

日焼け止めは日本製が一番!

化粧水や乳液、コンタクトレンズの洗浄液はどうしようと考えていましたが、海外のスーパーマーケットで簡単に手に入れることができました。問題は「日焼け止め」。日本からいくつか持ってきていましたが、早々になくなってしまい現地の薬局でウォータープルーフの日焼け止めを購入。海に入ったところ、ダラダラと日焼け止めが取れていくのが分かり、青ざめました。日焼け止めに関しては、やはり日本製が一番。旅先に遊びに来てくれた友人にお願いし、日本からたくさん持ってきてもらいました。

特に日差しが強かったカリブ海メキシコ

意外と使える防水カメラ

持って行くか悩んだわりにかなり重宝したのは防水カメラでした。普段は一眼レフカメラを持ち歩いていますが、治安の悪い地域は極力荷物を減らすため、小さな防水カメラを持ち歩いたり、砂漠やトマト投げ祭りなど、水の中以外にも役立つ場面がたくさん。写真データは外付けハードディスクやSDカードなど数か所に保存し、日本に送っていました。 また、ゲストハウスにはコンセントが少ないため、たこ足コードも必須。変圧プラグに繋いで、スマホとカメラ、PCなど一気に充電することができます。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINEで送る

毎年8月の最終水曜日に行われるトマト投げ祭りスペイン

PROFILE

窪咲子(くぼさきこ)
1987年生まれ。旅行ライター・編集者。出版社を経て、23歳の時に世界一周の旅に出発し、旅行ライターとして仕事をしながら1年8か月で50か国を巡る。これまでに訪れた国は68カ国。地球の歩き方HPにて世界各国で出会ったイケメンのストリートスナップを掲載する『世界イケメンハンター』(http://guide.arukikata.co.jp/ikemen/)を執筆。個人のブログ『恋する咲ログ』では、アメブロの旅行ランキング1位。世界一周ブログランキングでも1位を取得した。

著書に『GIRL’S TRAVEL』(ダイヤモンド社)、『恋する世界一周』(イカロス出版)。『マツコの知らない世界』や『今夜くらべてみました』などメディア出演も多数。

BIOGRAPHY

「世界イケメンハンター」 窪咲子のGIRL'S TRAVEL (地球の歩き方BOOKS)

「世界イケメンハンター」窪咲子が、女子ひとり旅で世界中のイケメンをゲット!? 本書は、グルメ、雑貨、絶景、そしてイケメンと、女の子が好きなものがすべて詰まった旅先選びガイド! 「女の子だったら一生に一度は行きたい旅先30」のほか、「世界イケメンスナップ」で世界中のイケメンをドドっと紹介しちゃいます!

恋する世界一周

「世界一周ブログランキング」1位を獲得した著者が贈る世界一周旅日記。
出版社で雑誌編集者として働いていた<私>は23歳の春、会社を辞めて世界一周に旅立った。
その土地ならではのおいしいものを食べて、美しい景色を見て、かわいいお土産を買って、アクティビティを楽しんで……。
笑ったり、泣いたりしながら旅した50ヶ国のなかから、とくに想い出に残った国でのエピソードを紹介していく。

BACK NUMBER

2017 / 7 8 9 10 11 12

  • s_ウユニ2
    2017.10.10 4回目 苦労した分、心にしみる絶景
  • s_ペルー料理1
    2017.09.11 3回目 旅先での習いごと
  • s_日焼け止め必須なメキシコのビーチ
    2017.08.10 2回目 旅の必需品
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    2017.07.10 1回目 Wi-Fi事情